忍者ブログ
06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ヒアルロン酸

    ヒアルロン酸(hyaluronic acid)は人間の細胞と細胞の隙間に多数あり、優れた保湿力や衝撃を吸収する緩衝材の作用をして細胞を保護していますが、加齢とともに体内のヒアルロン酸は徐々に減るのです。
    美白という概念は1990年代の終わり頃に美容家・鈴木その子が提案して流行したのは記憶に新しいが、90年代前半にはメラニン色素が原因の様々な皮膚トラブル対策の語彙として使われていたようだ。
    よく目立つ下まぶたの弛みを改善する方法でおすすめなのは、顔面のストレッチでしょう。顔面の筋肉は気付かない内に強張ったり、その時の精神状態に絡んでいることがよくあるようです。
    このコラーゲンとは、有害な紫外線を浴びてしまったりダメージを繰り返し受けてしまったり、精神的なストレスが少しずつ積み重なったりすることで、損なわれ、かつ生成することが困難になっていくのです。
    デトックスというものは、体内のあちこちに澱のように溜まった不要な毒を体外に出すという古くからの概念を継承した健康法で正式な医療行為ではなく、代替医療に区別される。「detoxification(ディトクシフィケーション、解毒の意)」の短縮形であり、本来は肝機能にまつわる言葉である。


    健康な身体にも起こるむくみだが、これは浮腫んで当たり前。なぜか女の人は、ふくらはぎの浮腫を防ぎたがるが、人なら、下半身のむくみはいたしかたのない状態だ。
    深夜残業、終電帰りの食事会、深夜に至るスポーツ観戦・翌日の夫のお弁当やご飯の支度…。お肌が荒れてしまうというのは承知していても、本当は必要なだけの睡眠時間を持てていない方が多いでしょう。
    美容雑誌においてまるでリンパ液の滞りの代名詞のような扱いで書かれる「浮腫」には2つに大別すると、身体の内部に潜んでいる病気による浮腫と、なにも病気を持っていない人でも出現する浮腫があると考えられている。
    ドライスキンの要因の一つである角質の細胞間脂質と皮脂の低落は、アトピーのように遺伝によるものと、エイジングやコスメなどによる後天性の要素にちなんだものに大別することができます。
    明治末期、外国帰りの女性たちが、洋風の髪、洋服、洋式の新しい化粧品や化粧道具、美顔術などを日本に持ち込んで紹介し、これらを総称する語彙として、美容がけわいの代替えとして扱われ始めた。


    女性に親しまれているピーリングとは、老化し役目を終えた表皮を専用化粧品などでピール(peel:剥くの意味)することによって、まだ若い整った皮膚(角質層)に入れ替えて、ターンオーバーを正常化する定番の美容法です。
    アトピーは「不特定な場所」という意味のギリシャ語の「アトポス」から派生しており、「何かしらの遺伝的な素因を持つ人だけに診られる即時型アレルギーに基づいた病気」を対象として名付けられたと言われている。
    この国において、皮膚が白くて黄ぐすみや目立つシミの見られない状態を理想とする美意識がかなり前から根付いており、「色の白いは七難隠す」ということわざもあるくらいだ。
    洗顔せっけんなどで毛穴の奥まで丁寧に汚れを取るようにしましょう。せっけんは肌に合ったものを選んでください。自分の肌に合っていれば、安価な物でも大丈夫ですし、固形の洗顔石鹸でも良いのです。
    患者はそれぞれ一人一人肌の質は違いますし、先天的な乾燥肌なのか、それとも後天性の要素によるドライスキンなのかというタイプに応じて治療の内容が違ってきますので、十分な注意を要します。



    PR

    カテゴリー
    最新記事
    P R
    最古記事


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]